尾城眼科医院について

1925年設立の尾城眼科医院は、新宿区で最も古い眼科施設のひとつ。開院以来地域の健康に貢献して参りました。糖尿病性網膜症の治療にレーザー光凝固装置を取り入れたり、白内障日帰り手術を実現したりと、大学病院にも劣らない検査、診断、設備をもって高度な医療を提供しております。
常に患者様との対話を心がけ、分かりやすい説明で患者様と共に病気に取り組んで参ります。

医師紹介

尾城正代

昭和49

東京女子医科大学医学部 卒業

 

医師免許取得

 

室蘭市立総合病院 内科研修医

昭和50

帝京大学眼科学教室 眼科研修医レジデント

昭和51

国立病院センター 眼科研修医

昭和55

私立第一病院 眼科 眼科部長

昭和58

尾城眼科医院 勤務

昭和59

尾城眼科医院 管理者となる

 

牛込保健所 非常勤医師

平成元年

日本眼科学会 専門医認定

平成4

尾城眼科医院 設立


竹内玲美

平成14

東邦大学医学部 卒業

 

医師免許取得

 

東邦大学佐倉病院眼科 入局

 

眼科研修医

平成16

東邦大学佐倉病院眼科レジデント

平成19

日本眼科学会 眼科専門医認定

平成21

東邦大学佐倉病院 退職

 

尾城眼科医院 勤務